にんにくの健康に役立つ効果について

にんにくには独特な臭いがありますが、この臭いの成分こそが、健康に役立つ効果があることがわかっています。
それについて解説しますと、にんにくの臭いの原因は、硫化アリルの一種のアリシンという成分によるもので、強い抗酸化作用があり、発がん抑制効果があるといわれています。
アリシンにはそれ以外にも、チフス菌やコレラ菌に対する抗菌力もあり、ブドウ球菌や赤痢菌、風邪や扁桃炎、気管支炎の原因になる連鎖菌や結核菌などにも対抗できると考えられています。
また、アリシンの他にはスコルジニンも含まれていますが、これは無臭の成分で、疲労を回復したり、新陳代謝を促進することが出来ます。
スコルジニンは、血管を拡張する作用があるため、全身の血流を改善して、体を温められるため、冷え症や不眠症に効果を発揮します。
血流が良くなると、動脈硬化を防げるので、高血圧や高脂血症などの生活習慣病の改善にも役立ちます。
スコルジニンはビタミンと同じ作用を持ちますから、ビタミンBl欠乏症のかっけにも有効です。
このように、にんにくは健康に役立つことがわかっていますが、毎日料理として口にするのは難しいので、定期的に摂取したいなら、市販のサプリメントを利用することをおすすめします。

にんにくサプリ