厚生労働省も推奨する女性の健康に役立つ成分葉酸の特徴

健康に役立つとされている成分は様々ありますが、その中でも厚生労働省が摂取を推奨しているのが葉酸です。どうしてこれが国により摂取を推奨されているのかと言うと、ひとつはこれがタンパク質の合成に欠かすことができないアミノ酸を作り出すと言う特徴を持っているためです。タンパク質は体のもととも言える物質ですから、健康な体作りのためにこれを摂取することは非常に重要と言うわけです。また細胞分裂に果たす役割も多く、血を造る役割を担っているのも特徴です。ですから厚生労働省では、15歳以上の男女に関しては、1日あたり200μg摂取するようにとしています。貧血気味の女性の方は、サプリメントを利用してこの量を摂取するようにすると良いです。そして特に妊娠を目指している、あるいは妊娠が明らかになった女性に関しては、推奨されている摂取量は1日あたり400μgと、通常の倍にもなります。これはこの成分の特徴である作用が、胎内の赤ちゃんの発育にも大きな役割を果たすためです。特に妊娠初期においては、赤ちゃんの細胞分裂は非常に盛んに行われています。その活動がじゅうぶんに行われないと、赤ちゃんに対する神経管の先天異常の発症リスクが高くなるため、葉酸をたくさん摂取することでそのリスクを下げることが必要になると言う具合です。また胎内に赤ちゃんを宿している女性にとっても、これを摂取することは悪性貧血や妊娠中毒症に対する改善対する効果があると言うことも明らかになっています。

黒酢サプリメント